電話番号 052-837-0080

名古屋市瑞穂区八勝通一丁目14-2

TEL & インターネット予約

産婦人科/名古屋市瑞穂区/ピュアー女性クリニック/女医/中絶/更年期障害/超高濃度ビタミンC点滴

HOME診療理念クリニックのご紹介診療内容・専門外来http://pure-jc.com/original5.html診療時間・アクセス

プレ更年期外来

電話予約、インターネット予約を24時間ご利用できます。
Mobile Site
スタッフ募集
リンク集

プレ更年期外来

まだ更年期ではないけれど、体が変化していく予感が・・・。それはもう「プレ更年期」40歳を過ぎたら、まず自分の体を見直してみませんか?

プレ更年期って何?

・「プレ更年期」は、更年期を迎える前の10年位の期間、30代後半~40代前半の「卵巣お疲れ期・ホルモン揺らぎ世代」を言います。

・女性ホルモンが、30代後半からじわじわと減少を始め、やがてグンと減っていくまでの、境界のような時期です。

・この時期に、「まだ閉経には時間があるのに・・。でも身体の変化は確実に感じる・・・。」と、更年期症状に似た、動悸・ほてり・発汗・不安・焦燥感・なんだかいやーな感じ・感情の揺れ、等「自律神経失調型不調」を訴える人が増えてきています。


「プレ更年期」の原因は、ストレスによる自律神経・女性ホルモンの乱れ

・「プレ更年期」は、卵巣の機能が徐々に衰え始め不安定になる「ホルモン揺らぎ世代」です。

・この時期は、仕事をバリバリこなす人もいれば、育児・家事で忙しい人もいます。強いストレスが続くと自律神経の微妙なバランスが崩れ、身体と心に様々な更年期症状と似た「自律神経型不調」が出ます。
時には、不安定、揺らいでいた女性ホルモンの分泌がさらに影響を受け、月経不順になったり、月経量が減ったりすることもあります。
 

規則正しい生活、ストレス解消でホルモン分泌を助ける

・このように、実際の原因は、加齢による卵巣機能の低下ではなく、ストレスによる自律神経の微妙なバランスの乱れ、女性ホルモンの揺らぎ、一時的な低下です。女性ホルモンと相互作用のある自律神経を、上手に休んで整えましょう。

・更年期を意識して、プレ更年期をうまく対策しつつ過ごせば、更年期以降、体にかかる負担も少なく、その後の生活も充実したものになるでしょう。

治療の流れ

ストレスが心身の不調の大きな原因になっています。当クリニックでは、精神面のケア、漢方療法・ホルモン療法(OC)等を行い、身体と心のメンテナンスをしています。

来院
次へ
問診票・プレ更年期
チェックリスト記入

プレ更年期度、ストレス度をチェックいたします。

次へ
診察、ホルモン検査
次へ
漢方処方、OC処方、メンタルケア等


漢方治療

漢方治療についてはこちら


低用量ピル(OC)

  • ・OCは、避妊目的だけではありません。
  • ・OCは、ホルモン量を安定させ、プレ更年期のホルモン不安定・不足による、不定愁訴を軽減させます。
  • ・女性のQOL(生活の質)を向上させます。
  • ・40~45歳まではOC、45~50歳なら、OC、またはホルモン補充療法(HRT)。

プレ更年期外来の表



このような症状の方、是非ご相談下さい。
「プレ更年期」の症状は多彩で不安定です

・身体の変化
生理の出血量が減ってきた、生理周期が短くなった、疲れやすい、痩せにくくなった、冷えやすい、顔がほてる、動悸・息切れ、頭痛、めまい、肩こり、トイレが近い・漏れる、性交痛、肌の乾燥・たるみ・くすみ、髪の毛のつやがなくなる、

・こころの変化
イライラする、くよくよする、小さなことが気になる、憂鬱になる、涙もろくなる、意欲が低下している…等
Page top